【2021年】お祭りの景品には何がある?どこで仕入れるの?

小さい頃、お祭りに行くのが大好きだったという方は、多いかと思います。

もちろん、大人になってからも、子供の頃とは、また違った楽しみ方ができるので、日本人だけでなく、世界でも、お祭りが大好きな方は多いです。

そんなお祭りといえば、景品をもらえるということも、楽しみでしたよね。

では、そんな祭りの景品にはどんなものがあるのか、また、それは、どこで仕入れれば良いのでしょうか。

 

(1)お祭りでは、夏という季節に絡んだ景品をあげるのがオススメ

お祭りと言えば、何と言っても、夏ですよね。

ですから、その夏という季節に絡んだ景品をあげるのが、おすすめです。

例えば、ラムネやスナック菓子(1つ10~30円程度の駄菓子)であれば、ダメになることはありませんし、コスパも良いので使えます。

しかも、子供たちへの景品として喜ばれるアイテムでもあるので、これはいいですよね。

 

(2)ポイントとしては、年齢層に合わせたお菓子を集めること

ポイントとしては、年齢層に合わせたお菓子を集めることが大切です。

中学生くらいの子のために、ちょっとピリ辛な駄菓子を用意するのもありですし、ちょっとレアな味を用意するなんてことも喜ばれますよ。

 

(3)食べ物ではなく、ちょっとしたおもちゃを景品にするのも良い

ただ、食べ物だと、今の親御さんは、こういった駄菓子などのお菓子を好まない方もいますし、子供たち自身もアレルギーを持っている可能性があります。

そこで、食べ物ではなく、ちょっとしたおもちゃを景品にすると良いでしょう。

例えば、シャボン玉や水鉄砲は、昔からの人気の景品です。

風船なんかも良いでしょう。

普通の風船でも良いですし、ジェル状のもので、硬い風船を作るタイプのものも、喜ばれます。

 

(4)夏のお祭りは夜に行われるので、光るアイテムが好まれる

夏のお祭りと言えば、夜に行われますから、光るアイテムというのも好まれます。

花火はもちろんですが、光る腕輪だったり、光るヨーヨーなんかも、最近では、よく見かけますよね。

そんなものを、景品とすると良いでしょう。

 

(5)お祭りの景品は今はインターネット通販で手に入るようになった

では、これらの景品を、安く仕入れるためには、どうすればよいのでしょうか。

実は、最近は、インターネット通販で簡単に手に入るようになっています。

昔は、問屋街などに行って購入するというのが定番でしたし、今もその方法を使っている方はいます。

でも、今は、何でもインターネットで買える時代になったということです。

ちなみに、景品を買える「堀商店」というインターネットショップがありますので、ぜひ、ネットで「玩具問屋 堀商店」のキーワードで検索してみてください。

 

(6)堀商店であれば、光るコマが50個で1,080円などと格安で手に入る

先ほど、光るモノを景品にすると良いとお伝えしましたが、光るものは高いというイメージがありませんでしたか。

ですが、堀商店」であれば、光るコマが50個で1,080円など、おそらくあなたが想像していたよりも、かなり安く購入することができるのです。

他にも、こういったショップはあるので、こういった所から購入すれば、問屋まで買いにく交通費や時間も手間も、カットできますよ。