【2021年】モグラ退治の方法は?ペットボトルの効果と作り方は?

ディズニーのようなアメリカのアニメなどでは、モグラがよく登場しますから、モグラがどういうものかは、お分かりいただけると思います。

でも、実際に、モグラを見たことが、ありますでしょうか。

なかなか、モグラを実際に見たことがある人は、少ないかと思います。

でも、農家にとっては、モグラは天敵であり、よく見かける動物の1つであります。

そんなモグラは、アニメで見ている限りはかわいいですが、人間に何らかの危害を加える動物でもあるというのが現実です。

そこで、ここではモグラ退治の方法について、ご紹介すると同時に、ペットボトルの効果と作り方についても、見ていきましょう。

 

(1)モグラは、農家だけでなく、一般家庭にも害を及ぼす

モグラは、土の中にいるのはご存知の通り、それを掘るために、強力な爪がついているわけです。

そして、土を掘る際のエネルギーの消耗がとても激しく、畑の肥やしともなる、ミミズなどを大量に食べてしまうのです。

このため、畑の肥やしが不足し、農作物が痩せてしまうのですね。

つまり、農家の方だけでなく、食材を口にする私達人間の食卓の状況にも、響いてくるということです。

しかも、モグラが彫った穴を、ネズミが通ってくることもあるので、ダブルの被害が出てくる場合もあります。

したがいまして、モグラは、農家だけでなく、一般家庭にも害を及ぼすものでもあるということです。

 

(2)モグラを退治する様々な方法

そんなモグラの退治の方法ですが、まずは、モグラの穴倉を探し出します。

モグラは、土を地上に押し上げるので、塚のように盛り上がっている場所を見つければ良いのですね。

退治の方法は、いくつかありますが、モグラは嗅覚が発達しているので、それを利用して、臭いで撃退する方法があります。

具体的には、忌避剤(きひざい)を用いて、塚にいるモグラを上手に別の場所に誘導するという方法です。

別の場所に移動させることに成功すれば、元の場所には帰って来なくなります。

また、モグラは、聴覚も発達しているので、モグラの嫌いな音波を出して追い払うという方法もあります。

 

(3)ペットボトルを使ってモグラを退治する方法

モグラを退治する方法には、もう1つ方法があり、それが、ペットボトルを使った方法です。

ペットボトルで風車を作って、風車が回る振動によって、地面にそれが伝わり、モグラを追い払うという方法です。

作り方は、500mlのペットボトルや、クリーニング屋でもらうハンガー、塩ビのパイプ小、そして、豆です。

ペットボトルの下のくぼんだ部分をカッターで切り離し、ペットボトルの線に沿ってハサミを使い、切り込みを入れます。

ペンチを使い、切り込んだ羽根を斜めに傾斜をつけて折り曲げ、ペットボトルを切り離した底に豆を入れ、羽根を作ったペットボトルに押し込みます。

クリーニングハンガーをほどき、ペンチで両端を切ってまっすぐに伸ばしておき、ペットボトルのふたと底に、針金を通す穴を錐を使って開けます。

伸ばした針金を穴に通し、抜けないようにふた側を丸め、通した針金を適当に折り曲げて、塩ビのパイプに挿しこむようにすればOKです。

比較的効果が高いので、モグラに申し訳ないという気持ちにもなるかもしれませんが、農作物を守る必要がある場合は、ぜひ、試してみてください。