【2021年】アインシュタインの性格と幼少期は?名言と勉強方法は?

様々な名言を残し、ノーベル賞受賞者としても知られているアインシュタインの名前は、誰もが知っていますよね。

あの舌を出しておどけたような顔をした写真は、1度見たら誰もが忘れられない写真です。

あの写真を見ると、アインシュタインの性格は、ちょっと変わっているのかなと思いませんか。

そんなアインシュタインの性格や幼少期は、どのようなものだったのか、さらには、彼が残した名言や、ノーベル賞を受賞するまでに至った彼の勉強方法とは、どんなものだったのかを見ていきましょう。

 

(1)アインシュタインの幼少期は?

アインシュタインは、ドイツで生まれたユダヤ人です。

しかも、第二次大戦、あのヒトラーが率いるナチスが筆頭していた時代の人だったので、彼自身は敬虔なユダヤ人ではありませんでしたが、そのせいで、ドイツを出なければなりませんでした。

とはいえ、これは大人になってからの話で、幼少時代の彼はというと、1879年に生まれましたが、5歳ころまで、彼は言葉を発することができませんでした。

そんな彼が、その頃に興味を示していたものが、羅針盤(方位磁石)で、これは彼の父親が彼にプレゼントしました。

これがきっかけで自然界に対して興味を持つようになり、さらには、6歳の時にはバイオリンを習い始め、これは一生涯やっていました。

そんな彼は、小学校時代に数学に対して突出した才能を発揮し、9歳でピタゴラスの定理の証明を寝ずに考える子でした。

言葉は理解できても、発することができない、しかし、別の面で他の子供たち以上に突出した能力を持った子だったというわけです。

 

(2)アインシュタインの性格は?

そんな彼の性格は、ここからも何となくわかるかと思いますが、まじめでおとなしい性格だったと言われています。

舌を出したあの写真が嘘のようですが、普段は、ムッツリした表情が多かったそうです。

さらに、探求心が強く、ピタゴラスの定理のように、1つのことをじっくりと追及していくというタイプでした。

 

(3)アインシュタインの名言は?

そんな彼を表す彼の名言の1つが、「私には特殊な才能はありません。ただ、熱狂的な好奇心があるだけです」というものです。

他にも、たくさんの名言がありますが、いくつかご紹介いたします。

 

●アインシュタインの名言の一部

・何かを学ぶためには、自分で体験する以上にいい方法はない。

・空想は知識より重要である。

・大切なのは、疑問を持ち続けることだ。好奇心はそれ自体に存在の意義がある。

・一度も失敗をしたことがない人は、何も新しいことに挑戦したことがない人である。

・想像力が全てだ。想像力は人生を魅力あるものにする。

 

(4)アインシュタインの勉強法は?

そんな彼の勉強法は、自分が楽しいと思うことを、とことんやるというものでした。

楽しいことをしていれば、人間、それに没頭して、時間が過ぎるのも忘れてしまいますよね。

まさに、彼は、好きなことをやり続け、ノーベル賞など、世界に認められる存在となったのです。

幼少時代の彼にとっては、数学が大好きなことだったのですね。

この勉強法、簡単なようで、すごく難しい気もします。

それでも、あなたの興味のあることを見つけて、それを研究し続ければ、やがては大きな成果を残し、人類に貢献できることでしょう。