【2021年】ダブリン城の入場料は?オカルト?レコードタワーとは?イングランドのジョン王とは?

アイルランド・ダブリン市内にあるダブリンは、城街の中心部にかなり近く、徒歩でのアクセスが可能です。

敷地内は、比較的自由に入ることができ、館内以外は入場料もかかりません。

イベント時には集会所のように使われることもある、市民にとっても身近な場所だと言えます。

 

(1)ダブリン城は1204年にイングランドのジョン王によって建てられた

城のある場所は、10世紀にヴァイキングの砦があった場所です。

ダブリン城そのものは、1204年に、イングランドのジョン王によって建てられました。

そして、イギリス植民地支配の本拠地となり、1922年までイギリス総督府が置かれていました。

現在でも、行政のイベント時に利用することがあり、その際は、見学ツアーは行われないので、ご注意ください。

 

(2)ダブリン城の見学ツアーと入場料

ちなみに、ダブリン城は、基本的に見学ツアーを通じて、内部の見学が可能です。

ただし、入場料は、4.5ユーロかかりますので、日本円でおよそ、580円くらいかかるとお考えください。

なお、城内に入ると、思いの外、カラフルな内装に驚くかもしれません。

天井が高く、余分な壁などもないため、すっきり広々としたスペースの印象を受けます。

家具などの調度品や、天井や壁に施された装飾は、他の国のお城に比べると、可愛らしい感じで、アイルランド独特の感じがします。

 

(3)ダブリン城の地下道はRPGの洞窟みたいでオカルトチック

個人的に、一番見応えがあったのは、お城の地下道です。

まるで、RPGの洞窟に迷い込んだみたいな雰囲気で、そこではダブリン城の初期の頃の様子などを、展示している説明板や絵などで、垣間見ることができます。

そして、何となく、幽霊が出そうなオカルト的な雰囲気が漂っています。

何と言いますか、海外のホラー映画の舞台になりそうな部屋や絵画、地下道が、たくさんあるのですね。

また、ダブリン城には、クラフトショップがあり、アイルランドの伝統的な工芸品を購入することができます。

 

(4)ダブリン城のレコードタワーとは?

ダブリン城のエントランスから入って、南東の方向に進んで行きますと、レコードタワーがあります。

このタワーは、1226年に建てられ、ダブリン城が建築された時の当初のものが残っています。

実は、レコードタワーにつきましては、留置所として利用されてきたものであり、現在は、ガルダ(警察)博物館となっています。

 

(5)チェルシービューティー美術館の庭園も見応えがある

ちなみに、ダブリン城の隣には、チェルシービューティー美術館があり、こちらの庭園も、見応えがあります。

これは、ダブリン城敷地内に建てられた、東洋美術及び古文書を専門とする博物館です。

無料の美術館内には、日本など、東洋の文化のコレクションがあり、西洋からみた東洋の美を見学することができ、こちらもおすすめです。

 

2018年9月6日 【2021年】ダブリン城の入場料は?オカルト?レコードタワーとは?イングランドのジョン王とは? はコメントを受け付けていません アイルランド旅行の記事