【2021年】黒豆茶のイソフラボンは妊婦さんにどんな影響があるの?

ダイエット効果やヘルシー効果があることで知られている黒豆茶、これを今現在も体のために飲んでいる方は多いです。

特に、体に気を遣う妊婦さんも飲んでいる方も多いと思います。

では、黒豆茶に含まれているイソフラボンは、妊婦さんにどんな影響があるのかということを、ここでは見ていきましょう。

 

(1)黒豆を体内に摂り入れるアイテムとして黒豆茶は注目されている

黒豆そのものに関しては、消化しやすい食べ物であり、エネルギーとしても役に立つものです。

でも、黒豆を常に食べ続けるというのは難しいですし、黒豆料理を作り続けるとなると、手間暇かかりますよね。

そこで、黒豆を手っ取り早く体内に摂り入れるアイテムとして、黒豆茶は注目されています。

 

(2)黒豆には女性ホルモンのバランスに働きかける効果がある

しかし、ここで気になるのが、黒豆自体には、大豆イソフラボン同様、女性ホルモンのバランスに働きかける効果があるということです。

そのため、ホルモンのバランスを気にしなくてはいけない妊婦さんや授乳中の方にとっては、黒豆茶を飲むことに対しても、気になるかと思います。

でも、黒豆茶はノンカフェインなので、胎児に影響なく飲むことができますし、お茶ですから利尿作用を高めて毒素を体内から排出し、むくみも抑えてくれます。

妊婦さんは、特に、むくみが起こりやすくなり、病院で注意されることが多いですよね。

したがいまして、黒豆茶を飲みすぎることがなければ、妊婦さんでも大きな問題はありません。

適量であれば、妊婦さんが黒豆茶を飲んでも大丈夫ということです。

 

(3)黒豆茶には便秘解消効果もある

それ以外にも、黒豆茶には、便秘解消効果もあります。

妊婦さんや産後の方もそうですが、便秘に悩まされ、いざ排泄したものの、痔になってしまうという方は、非常に多いです。

その痛みに耐えられずに、排泄したくても我慢するという方もいるので、そういったマイナスなシチュエーションを避けるためにも、排泄効果の高い黒豆茶はおすすめなのです。

 

(4)黒豆茶は、黒豆そのものよりも摂取しやすい

黒豆をそのまま食べれば、黒豆そのものの栄養を体内に摂り入れることになります。

でも、黒豆茶であれば、黒豆の成分を小分けにして、あなたの体内に摂り入れるので、気になるイソフラボンの影響も少ないです。

といっても、飲み過ぎると、妊婦さんは、利尿作用が高いので、トイレに行く回数も増えて、体内に吸収したい成分もすぐに排出されたり、気分を悪くする方もいるので、1日1.5リットルを目安に飲みましょう。

もちろん、一気に飲むのではなく、小分けにして飲むことで、栄養も体に吸収されやすいです。

また、何度もトイレに行く必要がなくなりますし、この量を守れば、ホルモンバランスが変化するのを防ぐこともできます。

ノンカフェインですし、黒豆の味がするので、黒豆茶は、おやつ感覚で飲むのにも向いていま

ただし、妊婦さんが飲む際には、くれぐれも飲み過ぎに注意しましょう。