【2021年】ふわふわかき氷の作り方って、どうやればいいの?

夏と言えば、やっぱり、かき氷ですよね。

特に、今年のような猛暑には、さっぱりして、ひんやりしたかき氷で涼しくなりたいものです。

また、かき氷と言えば、ふわふわのかき氷が、すごくおいしいのですが、あの、ふわふわのかき氷って、どういう風に作ればいいのでしょうか。

 

(1)自宅で作ると、かき氷の粒が大きくなってしまう

お店で出てくるかき氷であれば、ふわふわなんですが、自宅で作ると、何となく氷の粒が大きくなってしまって、ふわふわにはならないんですよね。

では、どうすればいいのか。

 

(2)ふわふわかき氷を作りたければ、砂糖水を使えば良い

実は、そんなに難しくなくて、「砂糖水を凍らせたもの」をかき氷に使えば良いのです。

そう言ってしまえば、とても簡単に聞こえると思います。

要は、いつものように水を凍らせた氷を削るのではなくて、ふわふわかき氷用に、砂糖水を凍らせておきまして、その砂糖氷を削るのです。

そうすれば、ハイ、ふわふわかき氷のできあがり!

 

(3)なぜ、凍らせた砂糖水を削ると、ふわふわのかき氷ができるのか?

なぜ、凍らせた砂糖水を削ると、ふわふわのかき氷ができるかと言いますと、実は、砂糖は水よりも凍りにくく、氷の結晶を砂糖が包みこんでくれるからなんです。

その結果、アラ不思議、ふわふわのかき氷ができちゃうんですね。

ちなみに、最近では、ふわふわのかき氷を作るためのかき氷機も販売されていますので、そちらを利用するのも良いでしょう。

 

2018年8月6日 【2021年】ふわふわかき氷の作り方って、どうやればいいの? はコメントを受け付けていません 8月の行事やイベント