【2021年】シェイクスピアは、どんな生涯を送ったの?代表作品は?

どんなに演劇のことを知らなくても、シェイクスピアという人の名前は、あなたも聞いたことがあるはずです。

イングランドの劇作家、詩人であり、ルネサンス時代の演劇を牽引した代表人物であります。

優れた人間観察眼を持った方で、数々の名作を残してきました。

ですが、このシェイクスピアという人がどういった人であり、どんな作品を生み出したのか、ここでシェイクスピアについて学んでみましょう。

 

(1)ウィリアム・シェイクスピアはイングランドで誕生した

シェイクスピアのフルネームは、ウィリアム・シェイクスピアで、1564年に良い身分であり、お金持ちの家の息子として、イングランドで誕生しました。

イングランドのストラトフォード・アポン・エイヴォンという町が、シェイクスピアの出生地なのですが、ここには、いまだに彼の生家があり、人気の観光地と化しています。

裕福な家庭で育ったものの、市長でもあったシェイクスピアの父親は、闇市場に手を出してしまい、市長の座を失うことになりました。

そんな人生を左右する出来事に遭遇しましたが、シェイクスピアは、なんとか学校には行くことができたようです。

 

(2)シェイクスピアは、18歳でアンと結婚をする

そして、18歳になった時には、7歳年上の女性、アンと結婚をするのですが、この結婚の理由は、いわゆるデキちゃった婚です。

その後、娘が生まれて、次に生まれたのが、男女の双子の赤ちゃんでしたが、男の子の方は亡くなってしまいました。

 

(3)シェイクスピア自身が俳優を行ったり脚本を書いて演劇に携った

この数年後、突然、ロンドンの演劇界に登場することになり、シェイクスピア自身が、俳優を行ったり、脚本を書くなどして、演劇に携わっていました。

実は、この時代、演劇は、あまり良いイメージを持たれていなかったのですが、この当時の女王エリザベス1世が演劇を好んでいたため、シェイクスピアも活躍することができたのです。

そんな生活を10年も続けずに、彼は、イングランドでトップの劇作家や俳優として活躍し、富と名声を手にしました。

ただし、彼は、かなり天狗状態だったようで、周囲の人からは、あまり好まれていなかったとされています。

そして、1616年、晩年は、次女の夫の浮気事件に悩まされつつ、感染症で亡くなったということなのですが、死因も不鮮明なものとなっており、本当に感染症で亡くなったかは疑わしいです。

 

(4)シェイクスピアの代表作品は有名な名作が多い

そんな彼の代表作品は、皆さんもいくつかご存知ですよね。

何といっても、「ロミオとジュリエット」は何度も映画化されていますし、名言「あなたはどうしてロミオなの」も知られています。

さらに、「ハムレット」や「恋のから騒ぎ」、「リア王」に「マクベス」、「夏の夜の夢」など、映画化されたり小説化されたものもたくさんあり、本当に有名な作品を残した人物だということがわかります。

シェイクスピアの生涯は、鮮明にされていない部分が多く、プライベートが謎に包まれていますが、大方の生涯はこんな感じでした。

代表作品を実際に読んでみると、シェイクスピアについての理解が深まり、話のタネにすることもできますよ。

2018年8月22日 【2021年】シェイクスピアは、どんな生涯を送ったの?代表作品は? はコメントを受け付けていません 芸術や音楽に関する記事