【2021年】お弁当レシピ人気1位は?作り置き(卵焼き)の方法は?

食べるのは簡単だけども、作るのは手間がかかる、それがお弁当です。

ですが、世の中のお母さんやOLさん、最近は、独身男子も、自分でお弁当を作って会社に行くという方が、増えています。

そんなお弁当レシピの中でも、人気1位のレシピは、どんなものなのでしょうか。

また、彩りとして、取り入れている方も多いであろう、卵焼きの作り置きの方法も、ご紹介致します。

 

(1)お弁当の人気NO.1は、鶏むね肉のネギ塩焼き

もし、あなたが、お弁当を作るとなったら、何を作ろうと考えますか。

簡単で、それなりに食べ応えもあって、見た目も良ければパーフェクト!なんて思いますよね。

そんな要望を果たしたともいえるレシピが、トップに輝いています。

それは、鶏むね肉のネギ塩焼きです。

「え、定番料理じゃないんだ」と、思われた方も多いでしょう。

しかし、朝の時間のない時に簡単に作ることができて、材料費も、そこまでかからないという所を踏まえれば、このランキングに納得していただけるはずです。

 

(2)鶏むね肉のネギ塩焼きの作り方

片栗粉をまぶした鶏肉をフライパンで焼き、焼き色が付いたら水、塩、鶏がらスープの素や黒コショウを入れます。

汁気が少なくなってきたら、長ネギをさっとからめて、お好みで、いりごまをふって終了です。

と、お弁当のメインのおかずが、これで1品できたことになりますが、ここにまた、副菜的なものをお弁当には添えていかなければなりませんよね。

お弁当といえば、信号カラー(青赤黄)があることで、見た目が一気にきれいに仕上がるのですが、その際の黄色によく使われるのが卵、その中でも、水気が出にくい卵焼きは大人気です。

 

(3)卵焼きを作り置きするレシピ

しかし、これを毎日1回1回作るのは面倒ですから、作り置きしたいけど、水気が心配ですよね。

そこで、作り置き卵焼きレシピをご紹介いたしましょう。

卵をほぐして、お酢小さじ1、顆粒だし小さじ1、醤油小さじ1を混ぜ合わせ、卵焼きを通常通り作ってください。

ただし、これは各家庭のレシピで結構ですので、お好みで砂糖や酒、みりんなども加えてください。

その後、しっかりと卵焼きを冷ましてから、適当にバットの上などで切り分けて、並べたまま冷凍庫へ入れます。

卵焼きが固まったら、ジップロックにひとまとめに入れて、使う度にレンジで必要な分だけ温めます。

温める際には、600ワットで2分チンするのですが、これは、その時の状況に合わせてよいでしょう。

夏場なら、半解凍状態にしておいて、お弁当に入れておけば、食べる頃には、それがしっかりと解凍され、食べられる状態になります。

また、そうすることで、お弁当を腐りにくくする効果もあります。

 

2018年12月29日 【2021年】お弁当レシピ人気1位は?作り置き(卵焼き)の方法は? はコメントを受け付けていません 健康と美容に関する記事