【2021年】アレルギー性結膜炎は目やにが多い?オススメの市販薬は?

本当に、数十年前までは、そんなに、アレルギーなんて言葉を耳にすることは、ありませんでした。

どちらかと言うと、ぜんそくの子供が多くて、ランドセルのサイドに、ぜんそく用のスプレーをキーホルダーのように付けている子供が多かったです。

ところが、ここ最近は、スーパーで売られているお菓子なども、すべて、アレルギー物質となるような穀物や卵などは、パッケージに表示されるようになりました。

「アレルギー性の植物を含む」という感じで記載されていますよね。

とにかく、最近は、アレルギー体質の子供や大人が増えており、アレルギー性結膜炎を持っている方も、多いでしょう。

そんな人たちは、目やにが多く出るなんて言われますが、それは本当なのか、それに、医者に行かずとも、これを治すことができるオススメの市販薬はあるのでしょうか。

 

(1)日本人の15~20%の人たちがアレルギー性結膜炎

「私はアレルギー性結膜炎じゃないからどうでもいいや」なんて思っていませんか。

ですが、日本人の15~20%の人たちが、アレルギー性結膜炎なのです。

そんなアレルギー性結膜炎は、スギ花粉やヒノキ、ブタクサなどの花粉によって起こる花粉症が原因とされます。

さらには、小さい時からアレルギー性鼻炎といわれていた方もいるでしょう。

耳鼻科に行けば、花粉症でも、アレルギー性鼻炎と言われます。

 

(2)アレルギー性結膜炎の特徴は、目がかゆくなり、目やにが出る

そんな方たちの症状の特徴が、目がとにかくかゆくなりますし、しょぼしょぼして、寂しくも悲しくもないのに、涙が出てきます。

そして、目やにも、やはり出てくるのです。

この目やにの量は、通常よりも多いと感じる方が多く、黒目部分にも膜がかかるかのように、目やにが、目の様々な部分に飛び散ったりすることもあります。

そのため、その膜を取り除くのに、かなり手間取ります。

そんなアレルギー性結膜炎に、おすすめの市販薬をご紹介いたしましょう。

 

(3)ロートアルガードは、目に関する病気の治療や予防に効果的

CMも印象的なロートアルガードは、目薬に強い会社であるロート製薬から販売されている目薬としても、知られていますよね。

目に関する病気の治療や予防に効果的ですし、何よりも、500円以下で購入できるコスパの良さがおすすめです。

さらに、ルイビーAGキョーリンリメディオは、300円以下という、さらなるコスパの良さであり、アレルギーによる目のかゆみや結膜充血を抑える働きがあり、こちらもおすすめの商品です。